« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月に作成された記事

野良猫 チャッピーとのお別れ

昨日の朝、ジョギングに出て行った夫が

「チャッピーが死んでる!」と自宅に駆け戻ってきました。

 

急いでその場所へ向かうと、すでにカラスが降りてきてて

それを追い払い、道の端に横たわる動かない猫を恐る恐る

覗き込むと茶白猫のチャッピーでした。

 

頭部だけに損傷があり、道路には血痕・・・交通事故死

 

チャッピーは昨年の5月頃から見かけるようになった

野良猫でした。お隣の駐車場のバイクの上や玄関先

で寝ている姿を見かけ、うちの猫も興味津々でしたが、

チャッピーがうちに侵入してくると窓やネット越しに

威嚇し、鳴き合いのケンカimpact

また、人馴れもしておらず、近づくことも触れることも

できない猫でした。

2014062616130000
                          

 

チャッピーは激ヤセとかしている風ではなかったので、

外飼いの犬のごはんとかゴミの日に袋をガサガサしたりして、

何とか食べれているからこの地域に住み着いているんだろう

と先月までは関わらないようにしていました。

2014053118250000
                     

 

しかし、12月になり外の寒さが心配で、どこかでごはんは

食べれてるなら、温かい寝床だけ用意してあげようと思い

庭の木の陰にこっそり猫ハウスを設置すると、その日から

チャッピーはそこで寝泊りするようになり、毎日ホカロンの

交換をしながら見守るようになりました。

2014120316240000
                         

 

最初は私の姿を見ると逃げていたチャッピーも1mぐらい

離れてその場で留まるようになり、かわいい声で鳴くよう

になりました。ただ、近づくと相変わらず怖い顔してシャー

シャーでやはり触ることはできません。weep

 

毎日庭で寝泊まりしているチャッピーを見ながら、

人馴れしていない猫の譲渡は無理だし、今後去勢手術や

餌はどうするか・・・

うちの庭だけで暮らしてくれれば問題ないけど、それは

猫に言ってもわからないことだし、ゴミの日には袋を荒らし、

車や庭木にスプレーしながら歩いてるチャッピーを見かけ、

どうしたらご近所ともトラブルなく過ごしていけるのかなど

正直悩んでいましたが、まさかこんなに急に

そしてこんなに早くお別れが来るなんて・・・

 

昨日の朝、窓のシャッターを開けた時、チャッピーの姿は

庭にはなかったけど、寝床は乱れていたので「ちゃんと

帰って寝ていたんだな」と安心してました。だから主人から

チャッピーが死んでると言われても「だってチャッピーは今朝

までここで寝てたはずなのに!」と信じられませんでした。

それに5月からずっとこの地域に住み着いていた野良猫で

外の事や車は危ないと十分知っていたはずで、今まで生きて

これてたのになぜ今なの?!という気持ちで混乱しました。

 

Dscf23861

その日の午後、チャッピーはうちの子として小さな骨壺に

入って我が家の猫達ともめることなく家の中に迎えました。

チャッピーをじっくりと近くで見て、触れて撫でてあげれたのも

亡くなってから。毛並みもきれいで、雄猫らしいしっかりとした

骨格で、体型も思っていたとおり痩せてはいませんでした。

 

もしかしら、亡くなった子はチャッピーにそっくりな猫で

庭を見たらいつもの場所にチャッピーがいるかもしれ

ないとシャッターの開閉時には期待して外を見まわし

ますが、やはりどこにも猫の姿はありません。

毎日寝床に帰ってきていたチャッピーなので、帰って

こないことはないし、寝床が片づけられていれば、

外で大鳴きするはず。

 

チャッピーが亡くなったことを分からないうちの猫は

シャッターを開閉するたび、部屋の外で待ち構えて

いて、扉をあけるとダーッッッと窓に向かい猫ハウス

にチャッピーがいないかを確認するのが日課。

もし見かけたら、シッポをアライグマのようにして威嚇

の大騒ぎ。でも、昨夜も今朝もやはりチャッピーの姿

はなくやっぱりチャッピーだったんだと涙がこぼれます。

 

もし、知らないままチャッピーの遺体が回収されていたら、

一晩帰ってきていないことに気づき探し回っても、雨で

血痕は消え、事故現場にも気づかず、たぶん発情期に

なって女の子を追いかけどこか放浪の旅へ出たんだろうと

お気楽に考えて終わりにしていたと思います。

 

この地域に住んで6年。思えば一度だけしか見なかった猫

もいれば、最近見かけなくなった猫もいます。特に今年の夏

は急に野良猫が増え、どうしたものかと思っていましたが、

人懐こいガーデン君はご近所のクッキーさんに保護して

もらい(里親さん大募集中)、亡くなったチャッピーはうちの

庭で先月から過ごし、他にも5匹ぐらいいた記憶がありますが、

今では誰も見かけなくなりました。

 

最近ジョギングをさぼっていた夫でしたが、たまたまその日

は走りに行き、カラスの騒ぎに気付きチャッピーを見つけ

亡骸を連れて帰ることが出来ました。

チャッピーも帰って来たかったんだね。

おかえりチャッピー

おやすみチャッピー

 

野良猫・外猫・庭猫・地域猫

家の中で飼ってあげことができない猫達とはどのように

したら幸せに暮らしていけるのか、考えも考えても答えが

見つかりません。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »